「職場がもめる原因 ルールがない・守られていない」をアップしました! 20240610

労働トラブルが多い会社の社長の特徴

前置き

手続き以外での社労士の出番の一つが、顧問先で労働トラブルが発生したときです。
そこで、転ばぬ先の杖的に、タイトルの「あるある」をお伝えします。
ただ、あくまで独断と偏見ですのでご容赦ください。

労働トラブルが多い会社の、社長あるある

  • 約束や時間を守らない、有言不実行、そのくせ他人には厳しい
  • 部下の悪口を言う
  • 話が長い、説教が長い
  • 怒鳴る
  • 教えない、助けない、そのくせ責める
  • 普段は強気なのに、肝心なところで決断できない

控えめに言ってこんな感じでしょうか。。。

一言で表現すると「自己中」
言い換えると「自分に甘く、他人に厳しい」

だから、部下からも大事にされない、尊敬されない。
逆に恨みを買うので、外部機関などに訴えられ、会社が困るようなことをされてしまう、
退職されてしまう、こんな感じでしょうか。

社長と労働者、親と子、友達と自分、
どんな人間関係でも基本的なところは同じだと思います。

ただ、パワハラ・セクハラに代表されるように、
その人間関係の背景が職場だったりすると、その職場での立場が、
人を勘違いをさせてしまうみたいです。

その立場にある方々、どうぞ、お気を付けください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました