「職場がもめる原因 ルールがない・守られていない」をアップしました! 20240610

仲が良い職場の実態!

仲が良さそうに見える職場の実態は

就活の際に、「うちの職場は仲がいい」と仲の良さをアピールする会社は敬遠した方がいい、
という話をよく聞きますが、その真偽はわかりません。

ただ、私が見てきた中で、社長さんが、「うちは従業員同士の仲がいい」とおっしゃるその実態は、次のようなケースが多かったです。

  • 注意すべきことが言えないだけ。その分陰で悪口をいう
  • 休憩時間が過ぎているのに洗面所でおしゃべり。しかし、誰も注意しない
  • 仲がいい人の遅刻を見逃す。それ不正受給に加担しています
  • 総務担当者が「有休残ってるよ。どんどん使っちゃいなよ」と無責任に煽る
  • 電話の向こうでおしゃべりの声がいつも聞こえる。集中力がないのでミスが多かった
  • ミスがあると犯人捜しまたは見逃すので、根本的な解決にならずミスが減らない

等々、一見、仲が良いように見えて、実態はバラバラです。
このような職場は結構あると思います。これでは、安心して仕事に集中できません。 

まとめ

仲が良いに越したことはありません。
しかし、なあなあ、依存しあう人間関係ではなく、

  • 相手を正すために、嫌われてもいいから言うべきことを言う
  • お互いに目標を持ち、その目標を達成するために自己研鑽し
  • ときにはみんなで協力し、一致団結して成果を出せるような職場

が、本当の意味で「仲の良い職場」ではないかと私は考えます。

そのためには、どのように組織運営をしていけばいいのでしょうか?
いつでもご相談に乗りますので、ご連絡いただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました