「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

嫌われない上司になろうと思うほど、部下から嫌われる

結論

上司という立場になったら、嫌われる覚悟を持つことが大事なように思います。
そして、言うべき時にきちんと言えるように、部下とは一線を画します。

嫌われてしまう上司の言動

ところが、

  • 部下に嫌われないようにご機嫌をとったり、
  • 言うべき時に言うべきことを言わない

このような上司は結構多いなと感じています。

このような上司は、日頃言いたいことを我慢している分うっぷんがたまるのか、周りが「なぜ?」と思うような場面で、いきなり爆発したりします。こうなると、手が付けられなくなるようです。

その結果、「切れるスイッチがわからない」と周りから不気味がられ、嫌われます。
嫌われるだけならまだしも、部下から舐められて逆パワハラ、なんてこともあります。

対応策

職場は利益を出すところです。仲良しこよしの集まりではありません。
言わなければならないことは言う、やらせなければならないことは徹底してやらせる。
そして、己に厳しくして結果を出す。

このような上司が尊敬され、支持されます。
嫌われるどころか、信頼されます。

管理者になる人は、嫌われることを恐れない、上司とは孤独なもの、という覚悟を持つところをスタートにするといいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました