「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

職場崩壊!?問題社員が多い会社の「社長の特徴」

今にも職場崩壊しそうな会社の「社長の特徴

問題社員が多く、今にも職場崩壊しそうな会社の社長の特徴をまとめてみました。

  1. 経営者団体の集まりや旅行、ゴルフ等の接待に出かけることが多い。
    社内のことや仕事は、部下任せになる
  2. うまくいかないと、部下に責任転嫁、かつパワハラ。
  3. 外に興味があるので、部下に無関心。怒るときだけ向き合う。
  4. 付き合いで人材育成セミナーに出席するが、現場で生かせない。

といった感じです。

このような職場で起こること

社長は従業員に無関心なので、それをいいことに一部の人達は勝手なことをしだします。
たとえば、ハラスメント・横領・手抜き・さぼり等です。

また、不満が高じて、労働組合を結成・加盟したり、
徒党を組んで会社に過剰な要求をする者も出たりします。

こうなって初めて、社長は会社の現状を知ります。
しかし、おそい。

対応策

対応策は、外に出ず、部下に関心を持つことです。

部下に関心を持てれば、部下が何を考えているのか、今後どうなりたいのかが気になってくるはずです。

その対話の中で会社の問題や課題が見えてきます。
「それを一緒に解決していこう!」とリーターシップを発揮すれば、
必ず組織は良い方向に回り始めます。

ただし、時間はかかります。
それでも、今よりはいいはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました