「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

取引先を呼び捨てにしていないか?

取引先をついつい呼び捨てにしていないでしょうか?

よく見る例

私がよく見かけたのは、電話を取りつぐ従業員の、
「Aさん(営業マン)、B(取引先)から電話です」
という、取引先を呼び捨てにする場面です。

『え?? 「さん」はつけないの?』
『うちの会社も、そうやって呼び捨てにされているんだろうな』

とよく思ったものです。結構、ショックでした。

内勤の人は、直接お客様と接する機会が少なく、また、営業をしている感覚もないと思うので、ついつい陰で、お客様を呼び捨てにしてしまうのでしょう。
そのお客様がいるから、お給料をもらえているのに、、、です。

その影響

こういった顧客満足度の低い会社は、取引先をスリム化しなければならなくなった時に、いの一番に切られてしまうのではないでしょうか。

「たかが、呼び捨てにしていたぐらいで?」と思うかもしれませんが、
そういった小さな顧客満足という意識が持てないこと自体、他の全ての面にも影響しているのではないでしょうか?

たとえば、感じが悪い、ミスが多い、連絡が遅い、不親切といった形で現れそうです。

これは、経営者自体が、「感謝の心が無い」「お客様のために何か役に立ちたいという意識を持っていない」ことの表れになってしまいます。

人は、気持ちよく仕事ができる企業と付き合っていきたいと思うものです。

まとめ

小さな顧客満足は、日頃の忙しさにかまけてついつい忘れがちですが、忘れてはいけないマインドです。私も自戒を込めてここに書きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました