「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

短気な社長は損をする

結論

短気な社長さんは損です。「アンガーマネジメント」等で改善しましょう。

短気な社長の傾向

人間なので、誰でも「カッ」とすることはあります。
私もあります。

大事なのは、冷静になったときに、まずは「カッ」としてしまったことを相手に謝罪し、
その「カッ」としてしまった原因を分析すると、ピンチをチャンスに変えられます。

これまで短気だった社長さんを思い浮かべてみると、次の2点が共通してたように思います。

  • 不安を抱えている
  • 「こうあるべき!」という思い込みが強い

それゆえ、反射的に「カッ」としてしまい、
その結果、部下からパワハラと罵られ、退職者が続出!
ということになっていました。

どの社長さんも、その大元に「不安」を抱えていました。
「そんな気持ちもわからずに、何してくれてんだ!」という気持ちが、「カッ」とさせてしまうのかもしれませんね。

解決策

とはいえ、どのような理由があるにしろ、短気は損ですし、迷惑です。
職場のトップという立場で、短気な性質は何も良いことがありません。

自分は短気だと自覚がある人は、「アンガーマネジメント」にチャレンジしてみるのはいかがでしょう。

変われるチャンスです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました