「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

ギスギスした職場と対話

結論

職場内がギスギスしているなと感じたら、「対話」をしましょう!

ギスギスした職場の特徴

職場内がギスギスすることはよくあります。
ちょっとした勘違い、行き違いから、口もきかなくなる、目も合わせない。

では、なぜ「ギスギス」してしまうのでしょうか。
どうすれば解消できるのでしょうか。

ギスギス

ご相談を受けていて感じるのは、
ギスギスした職場には「コミュニケーションがない」という特徴があります。

「いや、コミュニケーションはあるよ」という場合でも、よくよく話を聴いてみると、単なる業務連絡や指示程度のコミュニケーションである場合がほとんどです。

「対話」

私が意図するのは「対話」です。
語り合う」というコミュニケーションです。

たとえば、

  • お互いの思い、悩み、不安、希望、どうしたい、どうなりたい。そういったお互いの内面について語り合う。
  • 腹を割って話し合う。
  • たまに、感情をぶつけ合う。

そういったコミュニケーション、対話がないようです。

だから誤解・すれ違いが生じ、勝手にギスギスした関係になってしまうのではないでしょうか。

対話2

まとめ

心を通い合わせないと、いい仕事はできないと思います。
心が通い合うと、充実した毎日を送ることができます。

「最近、なんだかギスギスした雰囲気になってるな」と感じたら、あえて時間を設けて、ひざ突き合わせて、じっくり対話をしてみましょう。すっきり、わくわくします。
また、定期的にそういう場を設けると、ギスギス予防にもなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました