「やる気がある人を採用したいのであれば」をアップしました! 20240711

「上司は好き嫌いで評価している」と思っている

管理職の方々に、考課者研修をすることがあります。
そのときの反省の弁で多いのが、「これまで、好き嫌いで評価してたかも」です。

評価に納得できない部下

部下は自分の評価に納得できないと、「嫌われているから悪く評価されるのでは?」と思い、
そのときから上司の言うことを聞かなくなります。

そして、なにかにつけて反発してきます。

そうなると、ミスを注意しても「私が嫌いだから怒るんだ」となり、
ミスの原因分析、対策などができなくなってしまいます。

そのうち、ささいなことでも「それ、パワハラです!」となり、
上司は何も言えなくなってしまいます。

対応策

どんなに厳しい評価をしても、本人が納得できていれば問題にはならず、
さらに改善策の提案や励ますなどの対応をすれば、
部下は前向きに取り組んでくれます。

しかし、人間は感情がどうしても先に立ってしまうので、
なかなかうまくいかないのが本当のところです。

そこで、部下に納得してもらうためのいいツールがあります。


それは、人事考課表です。

人事評価表

人事考課表は、そこに書かれているチェック項目を

  • やったかやらなかったか
  • できたかできなかったか
  • どの程度できたか

といった事実だけで評価するツールですので、その事実をきちんと伝えれば、
本人も納得することがほとんどです。そこに変な感情は入りません。

このようなツールを使って評価するのもアリです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました