「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

上司の役割 部下を育てること

結論

上司の役割は、部下を使って結果を出すことです。

部下を育てるのは大変ではあるが・・

上司の役割にはいろいろありますが、その中でも特に重要なのは、
部下を育てること、部下を使って結果を出すことです。

と、口では簡単に言えますが、人を育てるのは本当に大変なことです。
たとえば、

  • 適切に指示を与えられているか
  • 部下が理解できるように教えられているか
  • 定型業務を効率的に回せているか
  • パワハラ上司と思われていないか

などなど葛藤することが多々あるからです。

部下がミスをしたときの責任を取るのも上司の役割です。
しかし、それが嫌で、部下を育てない上司もいます。
なんでも自分でやってしまい、部下は全然育ちません。

部下が育たないと、選手層の薄い組織になり会社は成長できません。
また、上司がいないと回らない組織になってしまいます。

実際、このような会社は多いです。

まとめ

「役職者の役割は何か」といった基準(管理者チェックリスト)を作り、「その役割をきちんと果たせているか」の評価やチェックを定期的に実施する仕組みをつくることをお勧めします。

少しずつですが、役職者としての自覚が生まれてきます。ぜひやってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました