「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

労働相談のランキング

連合の「労働相談ダイヤル」で受け付けた、3月の労働相談のランキングが公表されましたので、みなさんと共有したいと思います。

相談内容の多い順

  1. 「パワハラ・嫌がらせ」(15.7%)
  2. 「雇用契約・就業規則」(10.5%)
  3. 「退職手続」(8.5%)
  4. 「解雇・退職強要・契約打切」(8.2%)
  5. 「年次有給休暇」(6.3%)

業種別で多い順

  1. 「医療・福祉」(19.6%)
  2. 「サービス業(他に分類されないもの)」(16.9%)
  3. 「製造業」(14.1%)
  4. 「卸売・小売業」(11.3%)
  5. 「運輸業」(8.5%)

その他

  • 相談者の男女比はほぼ同じ
  • 年代別では40代、50代の相談が群を抜いています
  • 雇用形態別では、正社員が半数を占め、以下パート、契約社員と続いています

私が開業した当初(約15年前)の労働相談ナンバー1は「解雇」でした。
その後、解雇に関する紛争が増えたので、自ら辞めるよう仕向けるためのパワハラやいじめが増えてきた、と何年か前に聞いたことがあります。

それだけが理由ではないとは思いますが、当たらずとも遠からずでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました