「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

「見ている」ことの抑止力 

パワハラが発生しやすい会社の特徴

パワハラが発生しやすい会社の特徴の一つとして、
常態として、社長不在の会社ではないかと思います。

社長不在とは、物理的に不在というだけでなく、会社内にはいるんだけど、いつも社長室にこもっていたりなど現場に顔を出さず、また部下の指導も管理者任せ、従業員には無関心、という会社のことです。

私の経験

私にも勤務時代がありました。

パワハラとまでは行かないにしても、傍若無人な振る舞いをする人が幅を利かせていた会社が数社ありました。

そういった人の特徴は、

  • 社長や偉い人がいる前では一所懸命仕事をしているフリをする
  • ヘコヘコする
  • しかし、いなくなるとサボりだす
  • 傲慢な態度に戻る

いやだいやだ。

気の毒なのは、こんな人の被害を受ける、周りのまじめな従業員たちです。
仕事だけでも大変なのに、こういう人にも気を遣わなくてはならないからです。
生産性だって落ちまくります。

対応策

社長さんは可能な限り現場にいて、従業員を見ていてください。
その「存在」があらゆる問題の「抑止力」になるからです。

無関心、放置が一番良くありません。
事態を悪化させるだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました