「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

なんでも自分が正しい社長

人望がない社長の傾向

部下の人望がない社長さんの傾向として、「自分が正しい」と思いこんでいる人が多いように感じます。

「自分は間違っていない」と思いこんでいるので、部下が何を言っても聞いてくれません。

優秀な部下は、馬鹿らしくなって辞めていき、イエスマンだけが残る結果になります。

パワハラ気質

このような社長さんは、なんでも頭ごなしに否定したり、部下に責任を押し付けて罵倒します。
誰も何も言えないパワハラ風土、風通しの全くない組織になり、間違った方向に進んでいきます。

組織の中では、部下たちは上司の命令に従いますので、上司は「自分は正しい」と勘違いしてしまうのかもしれません。

会社の常識、世間の非常識ですね。

対応策

定期的に自身を振り返りましょう。

そして、耳が痛いことを言ってくれる人を重用しましょう。
そういう人をあえて周りに置くことが、立場のある人の義務ではないかと思います。

しかし、このように器の大きい人はなかなかいません。
だからこそ、このような器の大きい人に巡り合えたとき、「この人のために頑張る!!」となるのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました