「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

「なんかうまくいっていない会社」のやるべきこと

職場で、「なんかうまくいっていないな」と思うことは多々あるかと思います。

結論

なぜうまくいっていないのかを知るために、まずは従業員一人ひとりと対話をしましょう。その解決方法は、対話の中から見えてくるからです。

うまくいっていないときのよくある症状

職場では、みんなで目標や情報を共有していないと、おのおの勝手な判断で行動してしまい、組織はだんだんうまく回らなくなっていきます。

それが顕著に表れるのが、

  • ミス多発
  • 顧客からのクレーム
  • 動いている割には利益が薄い

といった症状です。
最悪の場合は顧客を失い、売り上げが減り、赤字になります。

よくある原因

会社に不満をもっている従業員が、このような状況のときによく言うのが、
「うちの会社は、みんなが個人商店だ」です。
チームでありながらみんなバラバラ。

それは、

  • 仕組み化されていない
  • 情報が共有されていない
  • 同じ方向を向いていない

これらが原因でうまく回らなくなってしまうのです。

どうすればいいのか

こういう場合は、まずはみんなの心を一つにするために、一人ひとりと面談をします。

対話で心を通い合わせ、目標を一つにするところから再スタートすれば、解決方法が少しずつ見えてきます。

しかし、ここをやらずに、部下を一方的に叱咤激励してしまうトップが非常に多いです。

  • 部下と向き合うのが面倒だから
  • 文句を言われるのが嫌だから

というのが本音でしょうか。

そうなると、

  • 「この人、何もわかっていないな」
  • 「現実が見えていないな」

と従業員たちから思われ、さらに心が離れていきます。

まとめ

このようなことで悩み苦しんでいる会社さんは結構多いです。
まずは話を聴きましょう、対話をしましょう、本気で

そうすれば、解決策が見えてきます。
みなさんと距離が縮まり、味方になってくれる人が増えます。

職場において歩み寄りは大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました