「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

従業員の意見に耳を傾けると組織は変わり始める

従業員に話を聴いてみる

就業規則や人事制度を、新規作成または変更するときは、従業員の方々の意見を聴くことがあります。

聴いてみた結果は、次の3パターンに分かれます。

  1. 特に意見無し(2割)
  2. 自分の不平不満だけを言う人(6割)
  3. みんなのために、的確な問題点や改善策を言う人(2割)
アンケート

さて、何番の人が本気で会社のことを考えているかわかりますよね?

そうです、3番です!

残念ながら

3番の人に、「そういった貴重な意見を社長さんに伝えていますか?」と聞くと、
ほとんどの人が伝えていません。

その理由は、

  • 「言っても何もしてくれないから」
  • 「言っても何も変わらないから」

とのことです。もったいない話です。

残念

こんなに身近に、真剣に会社のことを考えている人がいるのに、
その意見を聴かないなんて、聴いたとしても本気で改善しないなんて、
本当にもったいないです。

対応策

年に2回は、従業員と面談をする行事をカレンダーに入れましょう。
堅苦しく考えるのではなく、これまでの労をねぎらったり、従業員の話を聴くだけでいいのです。

その結果、これまで見えてこなかった様々な人間性が見えてきて、心が通い合い、業務がスムーズに回るようになります。

コミュニケーションは大事です。
チーム一丸の元です。
心が通い合った時点から、組織は変わり始めます。

人間関係

コメント

タイトルとURLをコピーしました