「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

面接時の約束は守っていますか?

約束が違う

募集時や面接時の労働条件が、実際は違っていたということは多々あります。
そのことでトラブルになるケースも結構あります。
あるあるなのが、基本給、年休、休日、残業、配置などの違いでしょうか。

労働者の立場に立てば

使用者側は、面接のときの話など覚えていないかもしれません。
しかし、労働者側はとても覚えています。

面接のときの話を信じて、他の会社を蹴って、入社を決意したわけですから。
労働者側にとっては、とても重いことなのです。
生活がかかっていることなのです。

だからこそ、誠実に対応しなければなりませんし、できない約束はしてはいけません。

不誠実な対応の結果

不誠実な対応をしてきた結果、入っても入っても退職されてしまったり、
徒党を組んだ従業員たちに「うそ」をつるし上げられた例も実際にあります。

結論

約束は守る。守れない約束はしない。

もし約束を破ってしまったら、心から謝罪し、その理由をつたえましょう(言い訳禁止)。

これが従業員と信頼関係を築く第一歩です。
立場は違っても、同じ人間であることには変わりないからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました