「職場がもめる原因 ルールがない・守られていない」をアップしました! 20240610

初めて人を雇う⑥ -年次有給休暇その1- 人材定着

勤続6カ月経過し、かつ8割以上出勤していれば、従業員に年次有給休暇権が発生します。

数年前までは、「うちには年休はないから」と強気に言う社長さんは結構いましたが、今はほとんどいません。

逆に、年休が取りやすい職場であることを求人でアピールしたり、年休を取りやすくすることで人材の定着を図っている会社さんは増えてきています。これも、世の流れですね。

年休を取らせたくないという社長さんの胸の内は、

  • 「年休が取れるよ」と言ってしまうと、好き勝手に休まれて仕事に穴があく、
  • 休んでもいいけど、忙しいときは出てよね
  • 年休取られることで売上がさがったら、会社潰れちゃうよ

という不安があるようです。だから極力年休のことには触れたくないようです。

とはいっても、実際に年休のルールを決めて運用を始めてみると、その心配は杞憂に終わります。たとえば、ある会社さんの従業員が「年休取りまくるぞ!」と導入前は言っていましたが、実際は月に1,2回使う程度だったようです。もちろん、繁忙期は0です。

よくあるのは、普段は年休を使わず、病欠をしたときに使うケースです。ここぞというときに使えれば従業員も安心できますね。

とはいえ、これまで年休を使わなかった人が、急にまとめて年休を取り出したら、転職を考えているかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました