「職場がもめる原因 ルールがない・守られていない」をアップしました! 20240610

新人への教育問題③ 新人を育てる人を評価する

前回の続きです。

どうすれば、先輩社員たちが新入社員をきちんと育成してくれるのでしょうか。

それは、「率先して新人の面倒を見る人」「率先して後輩や部下を教育、指導する人」を評価するしくみを作ることです。

たとえば、みなさんも新人のころ、

  • 先輩や上司から誉められて自信がついた
  • 仕事で失敗した時に励まされて乗り越えられた
  • 困っている時に親切に教えてもらえて嬉しかった

などの経験があると思います。

自分がされて嬉しかったこと、やる気が出たこと等を、そのまま後輩や部下にしてあげている人、そして、それが結果に結びついている事実を評価するしくみを作ればいいのです。

また、その中でも優秀な人に「メンター」という役割を与え、「メンター手当」を支給するとさらに確実でしょう。「メンター」とは、ひとことで言うと「新入社員の支援者」でしょうか。

次代を担う人材を育てられる人は、その組織にとってかけがえのない「人財」です。その結果、社員層が厚くなり、組織力も強くなっていくことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました