「職場がもめる原因 ルールがない・守られていない」をアップしました! 20240610

新人への教育問題② 後輩に教えない

前回の続きです。

では、どうすれば「新人教育」に対する先輩社員や上司の意識を変えることが出来るのでしょう。

教育が大事だということは、みなさんわかっていると思います。しかし、大抵の人は、後輩や部下への教育を、「仕事の手が空いたら」程度にしか考えていません。

それなのに、後輩や部下が失敗すると、「今の新人はダメだな」「うちにはいい人材がいない」と嘆くのです。

それもある意味仕方のないことかもしれません。
なぜなら、後輩や新人の面倒を見るより、自分の仕事の方が大事だからです。部下の育成ではなく、自分の仕事の結果がその人の評価につながるからです。

しかし、このままだと、せっかく、たくさんのお金と労力を投入して採用した新人が、いとも簡単に辞めてしまうかもしれません。最悪の場合は、モンスター社員化して大暴れをするかもしれません。

それは、企業にとって、多大なる損失です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました