「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

組織の改革は難しい

結論

組織の改革は難しい。なぜなら継続しないから。強いリーダーシップが必要です。

組織改革のやり方

これまでの経験をお話しします。

改革1年目

まずは、全従業員にアンケートを実施し、その結果に基づき、私が改善案をいくつか出します。
その中から、緊急度、優先度の高い課題に、一カ月間、取り組んでもらいます。

一カ月後、リーダー会議を開き、取り組んだ結果をお互いにフィードバックし、意見を出し合います。新しい発見があったり、良いアイディアが出たり、リーダーたちの意識が少しずつ変わり始めます。

これらを、毎月、ひたすら繰り返します。

改革2年目

1年目よりは良くなっています。
リーダーの部下育てが少しずつ回りだし、職場の風通しが良くなってくる時期です。

改革3年目

短期的な結果が出てきます。

具体的には、

  • 職場のルールが守られる
  • 業務が効率化される
  • リーダー自ら、新しいことに取り組み始める
  • 部下を本気で育成し始める

これらの結果が売上などの数字にも表れ、やりがいが感じられる時期です。

私のコンサルは、みなさんが自主的になる、この3年目あたりで終わりとなります。

今後も、みなさんがリーダーシップを発揮して、部下をいい方向に引っ張っていってくれると期待して、その会社を去ります。

しかし、続かない

しかし、自分たちだけになると油断するのか、うまく回らなくなることが多いです。

たとえば、

  • リーダー自身が、決めたルールを守らなくなる
  • みんなが勝手なことをしだす
  • 相手を批判しだす

そして、ふりだしに戻ってしまいます。
さらに、良い人材が辞めていきます。期待していた分、ショックも大きいのでしょう。

まとめ

改革4年目がカギのようです。
やり続けることは難しい。強いリーダーシップが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました