「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

無駄な作業や残業が多い-思考停止-

過去に、思考停止している会社に勤務していたことがありました。
そのときの経験を教訓に、記事を書いてみたいと思います。

ルーティンワークの問題点

毎日、毎月、同じ仕事ばかりをしていると、いつの間にか思考が停止してしまいます。

たとえば、
「今まで通りやればいい」「言われた通りやればいい」という思考になり、
「何か問題点はないか」「改善点はないか?」という発想にはなかなかなりません。

そうやって、無駄な作業や無駄な残業が増えていきます。

文明の利器には気づきませんし、導入しようともしません。
時代は変わっても、今まで通りの古いやり方。

・・という会社さんは結構あるのではないでしょうか。

思考停止している組織の特徴

思考停止している組織で働いている人が、仕事のやり方を後輩から質問されると、
次のように答える傾向にあります。

  • 「私もそう引き継いだから」
  • 「今までこれでやってきたんだから、これからもそうやればいい」
  • ミスしたら「前任者がやったとおりにやっただけ」と言い訳をする

じゃあ、あなたはどう考えているの? 
その仕事をやる意味は? 
このやり方がおかしいとは思わないの?

と反射的に反発を覚えてしまいます。

みなさんの部下がこのような意識でいたら危険です。
やれと言われたら、危ないことでもやってしまうかもしれません。
何も考えずに。

対応策

対応策としては、まずは、

  • 定期的に新入社員を入れる(新しい風)
  • ジョブローテーションで職場の風通しを良くする(新しい発見)
  • 研修に行かせ、習ったことを職場で展開させる(意識変化)
  • 定期的に人の意見を聴く場を設けて考えを深めさせる

などでしょうか。

そのためには、トップが、新しい意見や視点を取り入れることがまずは必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました