「職場がもめる原因 ルールがない・守られていない」をアップしました! 20240610

問題社員は「見て見ぬフリ」しない

結論

もし、問題社員がいたら、早く、毅然と対応しましょう。
「見て見ぬフリ」は絶対にしてはいけません。

問題社員を放置してはいけない理由

その理由は、

  1. エスカレートしてモンスター化し、手が付けられなくなってしまうからです。最後は、お金を払って退職してもらうか、紛争になるのを覚悟で解雇するか、の二択になってしまいます。
  2. 優秀な従業員が、問題社員を叱れない上司にがっかりし、早々に見切りをつけどんどん去っていくからです。残るは、問題社員とやる気のない従業員ばかりとなります。

きちんと対応するメリット

もし、その問題社員をその場その場できちんと指導・教育していれば、どうなっていたでしょうか?

  • 適性がなければ、納得の上で辞めてもらえたかもしれません。
  • 適性があれば、「人材」に育成できたかもしれません。

放置することは、これらの機会をみすみす逃し、結果として会社に損失を与えてしまうことになります。

まとめ

問題が発生したら、芽が小さいうちに必ず対応しましょう!
そのための対応マニュアル、書式集などを用意しておくことをお勧めいたします。

お困りの際はご連絡いただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました