「職場がもめる原因 ルールがない・守られていない」をアップしました! 20240610

採用は難しい① 

結論

採用難のピンチをチャンスに変えるには、働かせ方改革です。

採用は難しいもの

採用は本当に難しいです。たとえば、

  1. 求人を出しても人が来ない
  2. 人は来るが、ピンとこない
  3. やっと採用したのに、すぐに辞められてしまった

このようなお悩み、愚痴? はよくありますし、よく相談されます。

対応策

回答はケースバイケースですが、
「1.求人を出しても人が来ない」のであれば、次のようなことをやってみるといいかもしれません。

たとえば、

  • ターゲットを決める(20代か40代か等)
  • ターゲットがよく見る求人媒体を活用する(ハローワーク、民間求人、スマホ、PC等)
  • ターゲットの心に響くようなことを想像して、求人票でアピールする
  • ターゲットが望むであろう給与・賞与・休日・労働時間などを検討する

等、他にもいろいろあります。

ポイント

「うちのやり方はこうです!」という昔ながらのやり方ではなく、
求職者の立場に立ってアピールします。

たとえば、

  • 休日を増やす
  • 労働時間や時刻を変更する
  • 有休が取得しやすい職場環境に変える
  • 初任給を相場より高めに設定する等

そのためには、職場の働かせ方を変える必要があります。

まとめ

「人が来ない」というピンチを、「働かせ改革」をすることでチャンスに変える。
それが結果として、定着にもつながっていくと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました