「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

採用は難しい② 最低ライン以上の人を採用

「面接にはくるが、なかなかいい人がいない」というお悩みもあるあるです。
どの社長さんも、「いい人」はいる、そのうち来る、と思っています。

そして、その「いい人」のハードルがとても高いのです。
そんな優秀な人、この辺にいるとは思えませんし、仮にいたとしても・・・。

「いい人を採用しよう」と思うのではなく、
「こういう人だけは採用しない」といった最低ラインをクリアした人を採用する、
というのはいかがでしょうか?

そうすれば、採用はすこしは簡単になるかもしれません。

あとは、「どう育てていくか」です。
どんなに優秀な人を採用しても、育てる仕組みが無ければ腐ってしまうかもしれませんし、早々に退職されてしまうかもしれません。

育てる仕組みはとても大事です。ここは専門家の力を借りましょう。

ちなみに、最低ラインを決める際は、現場の人の意見をとり入れるといいと思います。
現場で必要な人材のことは、現場の人の方がよく分かっているからです。
それを意気に感じた先輩たちが、新入社員を大切に育ててくれるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました