「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

トラブルを防ぐ面接と採用

結論

今の日本では、一度雇ったら簡単に解雇することはできません。
であれば、その入り口である面接や採用にもっと力を注ぎましょう。

面接試験

面接の際に、試験を実施している会社さんは少ないです。

面接試験は、その人の知識やスキルだけでなく、困った時にどのように対処するか等、その人の本質を少し垣間見ることができます。

よそゆきの言葉ではわからない、ありのままの姿が見られるチャンスですので、
簡単なもので構わないので、是非、試験は実施してほしいです。

また、「面接は一回だけ」と決めている場合であっても、「なんか気になる」と感じた場合は、その直感を信じてもう一回面接をしたほうがいいかと思います。

その際は、もう一人面接官を増やし、違う角度から複数の目で対象者を見ます。
そうすると、見えなかったことが見えてきます。

一人の影響度

人数の少ない会社では、1人の組織に与える影響は大きいです。
変な人を入れたら、それこそ社長や他の従業員が疲弊します。

「そんな人は解雇しちゃえばいいんだ」と簡単に言う人もいます。
しかし、今の日本では解雇は簡単にはできません。

実際、争いになれば、「そもそも、そんな人を雇った会社が悪いんだから、もっと指導や教育をしなければ。それをしないで、簡単にクビにするのはどうなの?」と会社が負けてしまうのがオチです。

まとめ

そうならないように普段から予防をする。
その一つが、戦略的な面接と採用です。

入り口はとても大事です。面接・採用に手間暇をかけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました