「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

雇用契約書

トラブルが起こってから「雇用契約書を交わしておけばよかった」
と後悔するケースは多いです。

トラブルになりそうなことを雇用契約書に盛り込んで、不真面目な従業員をけん制しましょう。

たとえば、

  • 契約期間の有無、
  • 試用期間、
  • 契約更新する場合の要件、
  • 退職するときのルール、
  • やるべきこと・やってはいけないこと等

ここぞというときには、「そちらの方が約束違反だよね?」
と強く出ることができます。

雇用契約書は面倒だ、会社側がそれに縛られる、とあえて結ばないケースもありますが、
それは法律違反なだけではなく、会社にとってもリスクがあります。

「どうすればいいのかよくわからないよ」といった場合は、
早めに社労士にアドバイスをいただくことをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました