「職場がもめる原因 ルールがない・守られていない」をアップしました! 20240610

雇用契約書と未払賃金

たちの悪い従業員から訴えられることが多い会社さんには、「雇用契約書を締結していない」という共通点があります(法的には、労働条件を明示する義務があります)。

たちの悪い従業員は、そういう業界・そういう会社を狙っています。いろいろ調べていくと、他の会社でも同じようなことをしていることが判明するからです。世間は狭いです。

そのような従業員は、退職してから「あのときは1日◎◎円と言われた!」「差額を遡って払え!」と、あらゆる第三者(労働組合・弁護士・労基署)を介して訴えてきます。

勘違い、行き違いは誰でもあると思いますが、証拠がなければ言った言わないの水掛け論になり、最終的には相手の言い分が通ってしまう場合もあります。

恐ろしい金額を吹っ掛けられます。脅しのような連絡が入ってくることもあり、周りの人たちは不安で疲弊します。

「もし単価が違うのであれば、なぜその時に言わなかった??」と言っても、「そのときは社長が怖くて言えなかった」「クビにになると思ったから言えなかった」などと言われてしまいます。

労働条件を明示するのは法的な義務ですが、それ以上に、会社を守るため、働く人を不安にさせないために、必ず実施していただきたいと強く思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました