「職場がもめる原因 ルールがない・守られていない」をアップしました! 20240610

助成金を使って働きやすい職場をつくる

結論

助成金をもらえるように正しく労務管理をしていくことで、あらゆる法的リスクが軽減できるだけでなく、従業員から見て魅力ある会社になれます。

助成金受給に必要なこと

私がこれまで取り扱ってきた助成金は、

  • キャリアアップ助成金の正社員化コース
  • 両立支援等助成金の代替要員確保コース
  • 雇用調整助成金
  • 65歳超雇用推進助成金

などです。

助成金をもらうために、一般的に必要なことは、

1.法律通りの労務管理

具体的には、

  • 「就業規則」「雇用契約書」「賃金台帳」があり、この三者のつじつまが合っていること
  • 事前に計画を出していること(助成金によります)
  • 就業規則どおりの労務管理をしていること
  • タイムカード等があること
  • 残業代等の賃金を正しく支払っていること

など多々あります。

2.各助成金の趣旨に沿った取り組み

法律を守っているだけでなく、各助成金の趣旨に沿った取り組みも必要になります。

たとえば、キャリアアップ助成金の正社員化コースであれば、
「正社員になったことで、処遇が良くなっている」ことが必要で、それを判定するために、細かい要件がたくさんあります。

たとえば、

  • 正社員転換後は、転換前より3%以上賃金がアップされているか
  • 正社員の賞与や昇給は、原則ありになっているか
  • 正社員転換後に試用期間は設けられていないか

等々、まだまだあります。

社労士と助成金

社労士にとっても、助成金はとても神経を使う業務です。やりたがらない人がほとんどです。
慣れていても、毎回申請するたびに「見落としはなかったかな?」とヒヤヒヤします。

「受給できたよ!」「助かったよ」という報告を受けると、本当に喜び安堵します。

それぐらい神経を使うのが助成金の業務なのです。
変な助成金の営業に騙されないようお気を付けくださいませ。

助成金は会社を魅力的にできるチャンス!

「今はまだ無理だが、もう少し頑張れば、正しい労務管理ができるかも」
「従業員定着のためにも、正しい労務管理をしたい!」
という会社さんは、是非とも助成金にチャレンジしていただきたいと思います。
その結果、あらゆる法的リスクが軽減し、また、従業員から見て魅力ある会社になれるからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました