「軽視されやすい就業規則」をアップしました! 20240620

自分が変われば相手も変わる-上司と部下の関係-

上司が陥りがちな間違い

名選手、名監督にあらず(ちょっと古いですが・・)。   
この言葉、本当によくわかります。

上司から見たら部下の仕事ぶりは未熟で頼りない。

「それぐらいのこと、俺が新人の頃は自分で調べたりしてやり遂げたもんだ。」

と考え、部下に駄目だしばかりします。

叱る上司

確かに社長になる人、上司になる人はそれなりに優秀で経験もあります。
しかし、自分を基準にして部下を評価すると、部下は育ちません

部下は、上司が育てたように育つものです。
励ましもせず、丁寧に教えもせず、やみくもにダメ出しばかりすると、
部下は自信を無くし、または反発して問題社員化します。

対応策

上司と部下の間でトラブルが起こり、こう着している状態であれば、
一度、自分のこれまでの態度や行動を、部下の立場に立って振り返ってみるといいかもしれません。

もし自分が今の部下の立場だったら、自分のような上司をどう思うだろうか」と。

なかなか難しいと思いますが、
きっと、解決策が見えてくると思います。

まとめ

自分が変われば、相手も変わる。
その手本を示すのが上司の役割のような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました